寝つきが悪い、寝れない原因とは|鍼治療は眠りを良くする理由|自律神経をととのう|頭皮鍼・全身鍼・顔鍼|小顔特化して|世田谷区下北沢美容鍼ならTIARABO|ティアラボ|プライベートし美容鍼エステサロン

query_builder 2024/05/07
豆知識
寝つきが悪い、寝れない原因とは|鍼治療は眠りを良くする理由|自律神経をととのう|頭皮鍼・全身鍼・顔鍼|小顔特化して|世田谷区下北沢美容鍼ならTIARABO|ティアラボ|プライベートし美容鍼エステサロン
寝つきが悪い、寝れない方よくある症状
・入眠に時間がかかる
・眠りが浅く、夢ばかり見る
・途中で起きてしまう
・寝ても疲れが取れない
・ストレスで寝る前に落ち込んでしまう
・寝ないといけないと思うと余計に寝れない

眠り向上、朝と夜の対策
朝の太陽の光で「体内時計」をととのう
毎朝一定の時刻に起きて、カーテンを開けるなどして太陽の光を浴びることです。朝の太陽の光が時報となって、1日をほぼ24時間の周期でリズムを刻む体内時計がリセットされます。


夜は寝る前にリラックスする「移行期」を作る
睡眠と大きな関わりがあるのが自律神経です。自律神経には、体が活動している時や緊張した時に優位になる交感神経と、リラックスしている時に優位になる副交感神経があります。
眠気を感じる頃から副交感神経が優位の状態に切り替わると、自然に眠りにつきやすくなります。一方で、眠ろうとするときに緊張や不安、興奮などがあると、交感神経が優位の状態が続き、なかなか寝つくことができません。
それを防ぐため、寝る前に、体がリラックスした副交感神経が優位の状態に向かう移行期を作る工夫が必要です。

東洋医学の考え方
東洋医学では、睡眠に「心」が深く関わっていると考えます。心とは、西洋医学の心臓とは少し違うもので、東洋医学では、全身に血を送り出して、精神的な働きを管理するものです。

鍼治療により自律神経機能が向上する
鍼は、身体をリラックスさせる効果が高く、治療当日はよく眠れると言われます。 鍼の継続治療によって、自然治癒力を高め、自律神経やホルモンバランスを調整して、仕事や家事で疲れた心身をリセットすると効果的です。
また、鍼は筋肉の緊張、身体の血流を良くし背中の緊張を取り呼吸を深めることもできます。
筋肉の緊張が緩むと交感神経優位の状態が副交感神経優位に切り替われます。 ですから、鍼を行った日は何となく眠い、寝つきがものすごく良かったなどという声が良くあります。

NEW

  • 小顔の基準とは|顔が大きく見える原因|小顔ケアのNG行為|小顔特化美容鍼・リフトアップ・むくみの改...

    query_builder 2024/05/20
  • 長年の悩みほうれい線・マリオネットラインの改善法|たるみジワの原因と気をつけること|真皮層の活性化|...

    query_builder 2024/05/13
  • 寝つきが悪い、寝れない原因とは|鍼治療は眠りを良くする理由|自律神経をととのう|頭皮鍼・全身鍼・顔鍼...

    query_builder 2024/05/07
  • 5月キャンペーン症状別・ポイント鍼|頭皮電気鍼で自律神経を整う|不眠改善|肌荒れ・小ジワに効く円皮...

    query_builder 2024/05/01
  • 顔・身体用の日焼け止めは何が違うの?|日焼け止め使い分けの必要性と選び方|紫外線に負けない対策の...

    query_builder 2024/04/26

CATEGORY

ARCHIVE